☆LightWave3D☆ ~Free Diary~

悪戦苦闘の3D制作の日々と、悪戦苦闘の日常を書き記していく日記です。

   


2012/06/18 【ソフトIK】

4bd7c20f.jpeg
SoftIKのテストをしました。

でも、正直「SoftIKって何?」っていう感じですよね。
SoftIKは通常のIK特有の「カクン」となる関節の曲がる動きをソフトにしてくれるものです。

 

SoftIKの種類は「指数」、「リニア」、「固定」の三種類。
その効果の範囲を「チェーンコード」、「チェーン長」、「距離」で決める事が出来ます。
 

【SoftIK_種類と比較1】
001_no_softIK.gif 画像をクリックして再生。



上のGIF動画を見ると下の動き以外は全く同じに見えます。
ですが、一番上の通常のIKと上から2,3番目のSoftIKは確実に違いが出ているのです。



【IK&SoftIK(ゴースト)比較2】
no_sf_ik.gif

ゴースト部分がSoftIK。

IKチェーン根本にゴールが接着する前にボーンが曲がり、その後、ゴールに接着してIKとSoftIKは同じ動きになっています。

「だから何?」って感じですが・・・。

もっと分かり易いように、実際にサイボーグクロちゃんのキャラクター(ナナちゃん)にSoftIKを適用していきました。
これで少しSoftIKがどういうものか、どういうところで使っていけばいいのか分かってくると思います。


 

【IKとSoftIKの比較3】


Flashを見ると、IKのカクンとした乱暴な動きが緩和されて、自然で柔らかい動きになっています。
些細な効果ですが、この有無の違いでアニメーションのクオリティの差は間違い無く大きく出てくるはずです。


「じゃあ、これからはSoftIKをじゃんじゃん使えば良いじゃん?」って思いますが、これにはいくつか問題点があります。

例を挙げると、腕の難点は、両腕で物を持っている時や手のゴールアイテムを固定(Lock)する時にしっかりと固定されないこと。
脚の難点は、脚と地面の接地感が出せなかったり固定(Lock)されないこと。


この問題点に触れた時、SoftIKは常用に不向きかと思いましたが、ゴールオブジェクトとIKの終端ボーンを2つ使った二重IK手法を取って、それぞれのゴールの強さをExpressionを使ってスライダーで制御すれば、「通常のIK」と「ソフトIK」を切り替えることが出来て、それぞれのIKの良さだけを扱う事が出来るようになるのです。
(これはう~しん様の二重IKのアドバイスで出来るようになりました。感謝です。^^)


この仕掛けなら、既に出来上がったリグに簡単に組み込めれるのでとても良いです。
手付けしてもSoftIKの効果はなかなか実感出来ませんが、いざ動かしてみるとその効果が分かりますねぇ。
これからのアニメーション作りにSoftIKを上手く使っていきたいものです。

 

拍手[2回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
d_suzukky
性別:
男性
自己紹介:
こんにちは、d_suzukkyです。

田舎暮らしでのほほんと3DCGの勉強をしています。

ブログ内検索

Booklog

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

フリーエリア

Copyright ©  -- ☆LightWave3D☆ ~Free Diary~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /